琵琶湖一周歩きVoL..8
長命寺からJR河瀬駅

2002.3.28(木)
今日は久々の晴天、冬場休んでいた琵琶湖一周歩きを思い立ち、7時半ころ守山の自宅を出発。近江八幡8時過ぎのバスで長命寺へ。前回、自宅から長命寺まで歩いているので今日はここがスタート地点となりました。彦根まで歩く予定で出発しましたが・・・・
遠景に近江富士(三上山)が見える(左端)
近江八幡駅
8:09→8:30長命寺バス停着
バス¥480
長命寺港よこにある「名勝松ヶ崎」の桜
長命寺入り口階段前の桜の木(1本)は5分咲きでした。ゆっくり写真撮ったりしてたら彦根までとどかない(^_^;)
9:55近江八幡国民休暇村着
この浜は宮ヶ浜水泳場
休暇村を過ぎて少し行くと堀切港が見えてくる。写真の小さな船が「おきしま汽船」の通船(片道¥400)

堀切港発       沖島港発
@07:15(日曜休み)07:05
A07:45(日曜休み)07:30

B08:15        08:00
C10:15        10:00
D12:15        12:00
E14:15        14:00
F17:15        17:00
G18:30        18:00


舟の前景は沖島
船内でであったご婦人の紹介で知り合った「観音正寺」の副住職さん。ラッキーなことに島で行なわれる法話を聞く機会を得ました(^_^)
身近な旅でもいろいろな人との出会いが会って楽しいですね。
湖岸に沿った道路を休暇村に向かって歩く。桜の木が沢山あるがまだ咲き始めだ。日陰のところはつぼみでした。
堀切港から通船で約10分で沖島港に着く。
左上:小学校
中上:沖島港岸壁
右上:畑のあぜ道を道を聞きながらやっと弁天堂まで歩く、この鳥居から急な石段を5分ほど登ると小さな御堂がありました。この先は道がなく、島を周遊することは出来ません。
左:弁天さんへ向かう途中。御生み富士(三上山)が奇麗なシルエットを見せていた。
島のメイン道路。自動車は一台もないのが不思議に感じない。ここでは聞いていた通り自転車が唯一の交通手段だ。
民家がなくなると道はこんなに細いものになる。
堀切港から、帰りの船中で教えてもらった伊崎へ向かう。岬に向い山道を登っていく15分ほどで伊崎寺への参道に出会う。そこからほんの少しのところに伊崎寺、伊崎不動尊、毎年8月第一日曜日に棹飛行事が行なわれる棹飛堂に着いた。堀切港14:13着 → 14:44伊崎寺着
厳嶋神社の鳥居
伊崎寺
伊崎不動尊
湖面より石段が続く伊崎寺の門
棹飛堂と棹飛び行事が行なわれる太い角柱(棹)
この行事は何度かTVニュースで見たことがある。実際に崖の上にくると高所恐怖症のKENは覗いてゾー!!としました。帰りはフラットな参道で大中の湖干拓地にでて再び湖岸道路を彦根に向かいました。
車の往来の激しくやかましい。ときどき湖の辺の道で車道から湖岸のほうへ入るコースを取る。
田んぼの畦には沢山の土筆が春を感じさせる。
能登川の水車パーキング
愛知川を渡るころには足も痛くなりだいぶバテてきた。橋の真ん中に彦根市の境界を示す標識がある。やっと彦根に入ったが彦根駅にはまだ約15Km程ある。
近い能登川駅にするか迷いつつ歩き続ける。時刻は16時前、彦根駅はあきらめ二駅手前の河瀬駅に決め荒神山を目指すがなかなか近づかない。
荒神山山頂入り口の鳥居。
17:40
荒神山を過ぎたころ西の空夕焼けが奇麗。明るいうちには駅につけそうにない頑張って歩く。
18:40:日没でやっと河瀬駅に着きました。やれやれ(-_-;)
休暇村方向から見た沖島
沖島港

TOPページ更新するので、こちらへ引っ越しました(^^♪