鞍馬から貴船へ紅葉見物&スケッチ

2021・11・17
 1今日は絵友達の絵画展(京都寺町通り)を見る予定があったので、いつものように早めに出かけました。昨日の”永源寺紅葉見物&スケッチ”に続いての「鞍馬から貴船」紅葉見物に行きました。


 

叡電の出町柳駅から鞍馬へ向かう。
ウイークデイなのに車内は満員でした。
 

30分ほどで鞍馬駅に着く。
大きな天天狗さんが出迎えてくれる。
 

駅から通りへ出ると、鞍馬神社の山門が見える。
右手前のお店で昼食のおにぎりを購入して出発。
 

まずは鞍馬街道を少し歩いてみる。
 

このあたりで一枚描いたが失敗作となりました。




鞍馬街道
   ・・・ということで、帰宅してから描き直しましたが、この絵も左右の建物のバランスがとれていない失敗作となりました。(^^;)  


  さあ、駅に戻ろう。 本命の鞍馬神社から貴船への紅葉見物へ出発だ。
・・・・と言いながら、スケッチの挽回に鞍馬寺の仁王門を描くことにする。




仁王門(山門)


 

スケッチして仁王門へ
 

仁王門から少し行くと普明殿(ケーブル山門駅)だ。
   今日はケーブル利用(200円)の軟弱登山にしました。
   
 終点の多宝塔駅からの参道は緩やかな上り道なのにけっこう汗ばむ。阿弥堂を経由して「転法輪堂・洗心亭」に着く。紅葉が綺麗なのでここで昼食タイム&小休止とする。麓で買ったおにぎりがけっこう美味しかったです。
 

石段が続く参道
左端の建物は「転法輪堂・洗心亭」です。
 

転法輪堂の屋根と山々の展望
さらに本堂目指して石段参道を上がって行く。

 

本堂金堂
 宇宙の大霊、尊天の働きを象徴する千手観音菩薩・毘沙門天王・護法魔王尊(脇侍、役行者・遮那王尊)を奉安する中心道場。御本尊は秘仏。(鞍馬寺のHPより)

金堂前の前にある幾何学模様の「金剛床」、その中心にある(六芒星)はパワースポット
お祈りする人で行列待ちでした。
 
 金堂の左手から奥院参道になる。けっこう急坂の石段道だ。
 

鞍馬山のこの「木ノ根道」はパスして先に進む。
 

僧正ガ谷を貴船目指して下って行く。
 

不動堂の傍にあるこの大杉と義経堂
 
 

魔王堂を過ぎて・・・
 

午後一時 貴船神社へ下り立つ。




貴船神社の鳥居前でスケッチしました。



 
 

スケッチの後本殿へ
 

お札やお守りを買う人たちで賑わっている。
 

下から見る本殿
 

貴船神社の本殿
 

紅葉が綺麗だ。


 こんな雰囲気のある茶店で抹茶などいただきながらゆっくり休憩したいが、男1人では様にならない。
 

貴船駅口行きのバス停からの貴船川
タイミングよく来たバスで岐路に着く。


さあ、今日のもう一つの目的、寺町通のギャラリへいそぐ。
案内状をいただいた絵友達にもあえて、水彩画作品にも満足の一日でした。