2009年

12月のスケッチ





京セラドームが見える尻無川風景
 尻無川(しりなしがわ)は、大阪市南西部を流れる淀川水系の下流(分流)で、西区、港区と大正区との境界を成しながら南西に流れ、下流では大正内港を分けて大阪湾南部(大阪南港)へ注いでいます。スケッチポイントはここくらいしかないなあ。毎度のことながら原画はどこにいったかわからない。パソコン内に残っていたこんなピンボケ写真ですみません。 






難宗寺の巨大な銀杏
(大阪守口市)

(サイズ F-4×2)



難宗寺の山門と大銀杏
(サイズ F−4×2)



難宗寺の横門からの大銀杏
(サイズ F−4×2)






甲津畑の藤切神社
参道には苔むした岩がごろごろ
(12月1日)
(サイズ F−4×2)



甲津畑の集落
紅葉の名所永源寺から4kmほどの山間の集落です。
(サイズ F−4×2)




湖東の東光寺
今年の紅葉も終わり間近か・・・



12月7日
奈良へ用事があって出かけ、そのついでに西ノ京駅から大安寺経由で奈良公園まで歩きました。
この日は小雨ぱらつくとても寒い冬空でしたが頑張って数枚スケッチしてきました。




大安寺境内にあった銀杏木は葉がすっかり落ちて冬景色でした。
初めて訪問した南都六大寺の一つ大安寺は東大寺や興福寺などの大伽藍はなくて、こじんまりしたものでした。
(サイズ F−4)




JR桜井線の「京終駅」

奈良駅から一つ目の町中の駅ですが、まだ木造の駅舎でした。
明治31年4月の銘板がありました。
(サイズ F−4)





イチョウの葉も散って黄色の絨毯になった晩秋の奈良公園
何頭のもの鹿が近づいてくるがじっとしてくれない(^_^;)
(12月7日)
(サイズ F−4×2)




戒壇堂から水門町へ
(サイズ F−4×2)




夕暮れの中の奈良女子大
(サイズ F−4×2)




 12月の第二日曜写生会は京都動物園。はじめに来年の干支を描こうと虎の檻に行ったが後ろ向きに寝ていて描けない。とにかく一枚風景スケッチしようと疎水が展望できる休憩デッキでこの絵を描きました。その後像やカバ、猿など描いてみたが、動き回るのでデッサンするのがやっとでした。とても一回きりの訪問では絵にはならないなあ(^_^;)

 (2009.12.13)




琵琶湖疏水のインクライン
インクラインとは中央の斜面のレールの上を台車に乗せられた船を上がり降りさせて
疎水と堀の水面段差をクリアー。その電力も琵琶湖疏水の水力発電を利用していた。



動く動物たちに歯が立たない・・・・・・(ーー;)
といっても何度も動物園に通う気にはなれない。やはり山野や町並みを尋ねてスケッチをする方が好きなんだなあ・・・



京都市立美術館の裏庭

昼食に一時動物園から出たときにスケッチしました。