丹後半島の伊根へ船屋を見に行きました。

(2000・5・5)

 以前テレビドラマで見た伊根の船屋を見たくて、友人の車で行ってきました。

 守山市の自宅を7:30出発、琵琶湖大橋を渡り途中へ、さば街道を快適にドライブ
まだまだ桜が咲いていて何回目かの花見も楽しめました。



途中、舞鶴で五老スカイタワー(五老山の頂上)から舞鶴市の展望を楽しむ。



                 舞鶴東港の展望

 舞鶴港は舞鶴西港(北海道へのフェリー発着する岩壁がある)と少し離れて舞鶴東港があります。東港には自衛隊の艦艇が10隻ほど停泊、そのうちの1隻を子供の日で開放、見学の家族連れで賑わっていました。



伊根湾めぐり遊覧船

 宮津あたりから天橋立にかけて混み出してきた。天橋立にも寄りたかったが、今日の目的は伊根の船屋なのでパスをする。

 伊根についたが道路側からでは船屋の雰囲気がない。やはり海側が正面ですね。そこで伊根湾めぐり遊覧船に乗ることにしました。約20分くらいで小さな入り江を遊覧する。こんなに沢山の船屋があるとは想像していませんでした。



遊覧船より見た船屋のある風景



明治時代の船屋を再現したものらしい。
茅葺の平家でした。二階建てで住居も兼用するようになったのは昭和のスタイルだと船内の案内でした。


せっかくここまできたので、丹後半島の北端の経ケ岬灯台を見物して半島を1週しました。


丹後松島

 この後、琴引浜の泣き砂を見に行きましたがなんと駐車代が1000円、ちょっと寄るだけにしては高すぎる(@_@)、あきらめてました。 帰りは海の幸を満喫して帰途に着きました。いつもながら長距離ドライブをしてくれる友人には感謝感謝です。


KENの旅の思いでホームへ