戻る  HOME

2014年4月のスケッチブック
「画像」をクリックすると拡大します。

拡大作品をご覧いただいたあとこのページに戻るときは
エクスプローラの左上の矢印(戻る)をクリックしてください。
4月30日 更新
 


湖南アルプスの堂山
F6 水彩
(滋賀・大津市田上)

 


金峯山寺蔵王堂展望
(奈良県吉野郡吉野山)
F6 水彩
残念ながらこの絵は現地で描けず
帰宅してから写真を見て描きました。
 


秘仏金剛蔵王権現
(奈良県吉野郡吉野山)
F6 水彩
この絵も写真からです。

 
新緑の低山歩きを楽しみました。
・新緑の太神山をご覧ください。
(2014.4.22)

 
 桜の名所の吉野山、桜の時期が過ぎたが静かな山歩きがしたくて出かけました。近鉄吉野駅から中千本行きのバスに乗る。奥千本への道で東京から来たという方に出会い一緒させてもらう。おかげで、初めての西行庵(奥千本)まで行くことができました。事前に吉野山情報をチェックしていなかったし、何処かスケッチができたらいいなという気持ちだったので、たぶん一人では奥千本までは行けなかっただろう。その方から、いま蔵王堂秘仏のご本尊「金剛蔵王大権現特別御開帳」中だと知り、秘仏拝観ができて幸運な吉野行でした。旅日記「新緑の吉野山」もあわせてご覧ください。
(2014.4.27)


 


お絵かきに夢中のRyuseiくん
F6 クレヨン
 


無心に食べるRyuseiくん
F6 クレヨン
 



居眠りするRyuseiくんのパパ
F6 鉛筆
 
 一か月に一回来襲する豆台風Ryuseiくん。来たら必ずお絵かきの相手を2時間ほどさせられる。だからダイソーで買ったクレヨンと画用紙は常備品となっています。負けずに私もクレヨンでスケッチです。パパは疲れて居眠りです。

 


北国街道-2
(滋賀・長浜市)
  F6 水彩




 
彦根港河口の夕焼け
F6×2 オイルパステル



旧水口図書館
ヴォーリス建築
(滋賀・甲賀市水口町)
F6 水彩
 
 
 北国街道とは、江戸時代における北陸道の呼称だそうです。近江米原より琵琶湖東岸を南北につないで越前今庄を経て直江津につながる街道です。長浜の中心街を通っています。


画材を変えて気分転換

 

水口岡山城跡を訪ねて
・水口岡山城跡散策ご覧ください。
 (2014.4.20)



子ども歌舞伎観劇会の舞台
(滋賀・長浜市)
  F6 水彩
 
 


春日町の曳山と子ども歌舞伎
(滋賀・長浜市)
  F6×2 水彩

 


北国街道-1
(滋賀・長浜市)
  F6 水彩


長浜曳山まつりと子ども歌舞伎
(滋賀県長浜市)
  思いがけず「子ども歌舞伎観劇会」のチケットをいただいたので、急遽長浜へ出かけました。観劇会は長浜文化芸術会館の立派な舞台で行われていました。衣装も鮮やか、演じる子供(小学生の男子)もかわいくて、はりのある大きな声で演技をしていました。なかなかの熱演でしたよ。その後、長浜の町を散策していたら、観劇会に出演したチームが自分たちの町内へ戻ってきた所に遭遇しました。今度は本物の曳山の上で再演するというので、スケッチしながら見せてもらいました。やはり町中の曳山の上での狂言はまつりの雰囲気が盛り上がりますね。見せてもらったこの曳山は「春日山(本町組)」で、演目は同じ”太刀盗人”、コミカルなタッチの狂言で楽しかったです。
(2014.4.16)

 


茜色に染まる琵琶湖岸
(滋賀県彦根市)
F5×2 水彩

 


琵琶湖展望
(滋賀・大津市)
  F5×2 水彩



瀬田小橋からの風景
(滋賀・大津市)
  F5 水彩

 
 第二日曜写生会で豊郷へ行った帰り、少し足をのばして彦根城の桜見物に行きました。ちょうど満開で素敵な夜桜を満喫しました。お堀端を一周して、途中彦根港手前でこの絵を描きました。
(2014.4.13)

 
 この日は瀬田の文化ゾーンにある滋賀県立美術館へ「滋賀県美術協会展」を見に行きました。その美術館のすぐ上の小高い所から琵琶湖が展望できます。好きな場所で以前にも美術館に来た時描いたことがあります。帰りは瀬田の唐橋までウォーキング、ギャラリー唐橋を訪問した後屋形船のある風景を描きました。

 
 


トタン屋根の家-1
(滋賀県犬上郡豊郷町)
F5×2 水彩




トタン屋根の家-2
(滋賀県犬上郡豊郷町)
F5×2 水彩

 
 


夕暮れの彦根城と桜
(滋賀県彦根市)
F5×2 水彩

第二日曜写生会で
描いた鉛筆主体のスケッチ
(2014.4.13)
 
 
 遠近感を強調しようと、現地で描いたスケッチ(左上の絵)に後日自宅で加筆してみました。
(2014.4.15)

 
 第二日曜写生会で豊郷へ行った帰り、少し足をのばして彦根城の桜見物に行きました。ちょうど満開で素敵な夜桜を満喫しました。
(2014.4.13)

 


豊郷町の神社
祭りの準備、大太鼓が境内に・・・
F5×2 水彩

 


阿自岐神社のお祭り
大太鼓が打ち鳴らされていました。
F5 水彩




神官の御旅所回りの行列に
ついて行きながらスケッチしました。
F5 水彩

 
 
 第二日曜写生会4月例会で豊郷町(滋賀県犬上郡)に行ってきました。ちょうど祭りの日であちこちの集落で大太鼓の音が響いている。 スケッチしたい所が見つからず、ウロウロしていたら阿自岐神社の祭りに遭遇しました。大太鼓の山車が何台も出ていてにぎやかなお祭りでした。バットより太めのバチで太鼓をったたく、おなかに響く大きな音でした。そうとうな腕力体力が必要で、きゃしゃな若者はバチを振り回せない。あちこちの集落で大太鼓が出ていて大きな祭りに驚きました。
(2014.4.13)


 
 


酒波寺(さなみじ)
(滋賀県高島市今津町酒波)
F6 水彩

 


エドヒガンの巨木
酒波寺
F6×2 水彩

 


エドヒガンの巨木
酒波寺
F6×2 水彩

 
絵友達に誘われて、奈良時代の創立を伝える酒波寺のエドヒガンの巨木の桜をスケッチ兼て見に行ってきました。ちょうど満開で風に吹かれて花弁が舞う光景に思わず見とれてしまいました。見事な桜でした。参道道脇のソメイヨシノも満開で桜の木の下で昼食、素敵な一日でした。
(2014.4.11)

 
 いつも一人で描いているので、自分の絵について評価してもらう機会がありません。昨日、幸運にも、私のスケッチ画についていろいろアドバイスを受けることができました。忘れないうちにとさっそくトライしてみました。左の作品と比べてご覧ください。
(2014.4.15)

 


禅憧寺前の桜
(岐阜県不破郡垂井町)
F6 水彩




平城京の大極殿
(奈良市)
F6 水彩
 



八島湿原
(長野県茅野市)
F5 水彩

 
 今年のNHK大河ドラマ”軍師 官兵衛”に誘われて、豊臣秀吉のもう一人の名軍師、竹中半兵衛重治の故郷を歩いてきました。
(2014・4・7)
・竹中半兵衛の菩提山城跡を訪ねて
をご覧ください。



  奈良の高の原に用事があったので早めに出かけ、一駅先の平城駅で下車して散策してきました。駅の近くに神功皇后陵や成務天皇陵などがあり、静かで心落ち着く場所です。でも、スケッチには平凡すぎる構図なので、ちょっと足をのばして平城京跡まで歩きました。平城京は和銅3年(710)、飛鳥に近い藤原京から奈良盆地の北端に新しくつくられ、遷都されました都です。描いた大極殿は宮殿の中で最も重要な建物で、即位の儀式などに使われました。この建物は平城遷都1300年を記念して9年の歳月をかけて復元完成されました。その以前に復元されている朱雀門を含めて正面から描けば平城京の雰囲気がわかるのですが、エリアが広大すぎて絵にするのはむつかしい。そこで、斜め後ろ側の佐紀池の方から描きました。
(2014.4.10)

 
 
 ネットで偶然に見た自然いっぱいの八島湿原のページで、14年前に友人夫妻に誘われて行ったときのドライブ旅を思い出しました。また行ってみたいなあと思いながら、その日記の写真から描いてみました。
・ピラタス蓼科、八島湿原から富士五湖ドライブ(2000.8.5)

 


大浦の棚田
(佐賀県唐津市肥前町)
F5 水彩
 


草花-1
F5 クレヨン




草花-2
F5 クレヨン+オイルパステル

 
 
 Miwa-kitahataさんの写真、伊万里湾に点在する島とリズミカルな棚田の模様が素敵な風景だったので、いつか行ってみたいなあと思いながら描かせてもらいました。

 
 前日歩きすぎて、ちょっと一休。この日は自宅でぼーっとしていましたが退屈になり、自宅に咲いていた草花を描いてみました。画材は100均で買ったクレヨンと画用紙です。右上の絵はオイルパステルも使っています。

 



三条通り近くの高瀬川
(京都市)
F6×2 水彩スケッチ 

 



係留されていた鵜飼舟
(京都・宇治)
F6×2 水彩スケッチ





満開の桜

F5 水彩
 
 
 鴨川でスケッチしてから、川岸の見事な満開桜を眺めて上流へ歩いていると、いつの間にか七條大橋まで来てしまいました。ここまで来たなら三条寺町通のギャラリーへ寺田みのる「京滋教室展」へ立ち寄ってみようと京阪電車に乗る。ギャラリー訪問した後、なんとなく近くの高瀬川沿いの桜見物に行ってこの絵を描きました。もう夕暮れ、すごく冷え込んできてまるで冬に逆戻り状態でした。


スケッチから帰った後、自宅で加筆しました。
 現場スケッチとは感じが違ってきました。

写真をお借りして桜描きの練習
させてもらいました。
 
 



巨大な温室と満開の桜
(京都市・府立植物園)
F6×2 水彩スケッチ

 



園内の風景
(京都市・府立植物園)
F6×2 水彩スケッチ





鴨川風景
(京都市・七條)
F6×2 水彩スケッチ 


 懇意にしてもらっているスケッチ画家のタマちゃん(児玉紘一氏)の野外スケッチ教室に参加して京都の府立植物園へ行ってきました。桜は満開、あいにくの寒い日になり小雨まじりの強い風に花吹雪でした。荒れ模様の天候にも負けず大勢の花見客で賑わっていましたよ。
(2014.4.4)

 
 
 タマちゃん教室のメンバーと一緒に昼食をした後、別れて一人京都駅まで戻ったが、なんとなくもう一枚描きたくなっれ東福寺目指して歩く。鴨川の桜がきれいで立ち止まる。橋の向こうに教会が見えていてちょっと外国風でしょう。この景色が気に入って、小雨まじりの強い川風に震えながらスケッチしました。
(2014.4.4)

 


宇治川の観光和舟-1
(京都・宇治)
F6 水彩スケッチ





係留されていた鵜飼舟
(京都・宇治)
F6×2 水彩スケッチ

 
 


宇治川の観光和舟-2
(京都・宇治)
F6 水彩スケッチ

 
会社のOB会ハイキング・・・・
最初の訪問地、平等院に入ったところで早くもハイキングから離脱するむね幹事さんに申し出てしまう(^^;)。
そのあとは一人気楽に桜見物しながら宇治スケッチ散策でした。
(2014.4.3)
 



ばら
F6 水彩スケッチ

 



古民家の茶店舗
(京都・宇治)
F6 水彩スケッチ

 



平等院の鳳凰堂
(京都・宇治)
F6×2 水彩スケッチ


  前回は鉛筆主体のスケッチで描いた同じモチーフを、いつもの安価な水彩用紙(画用紙)ではなく、めずらしくアルシュの水彩画用紙(300g/㎡)で描いてみました 。画用紙と違い水をたっぷり使って、何度も塗り重ねても用紙が波打ったベコベコ状態になりにくいですね。でも、いつもの私は荒っぽいタッチの早描きスタイルなので、もったいなくて使えません(^^;)。スケッチ歩きではなくて、自宅でゆっくり落ち着いて描くときには使ってみようかなと思っています。
(2014・4・2)

 
 
 この日は会社のOB会春のハイキングで宇治へ行きました。JR宇治駅からハイキング・スタートです。最初の訪問先が平等院、通りを歩くと古民家の茶店舗が何軒かありました。この日はラッキーなことに平成24年9月から行っていた鳳凰堂の修理が終わり4月1日より拝観が再開されました。花見を兼ねた観光客で大賑わい、平等院入り口には訪問者の行列ができていました。
(2014.4.3)




大川の桜と大阪城
(大阪市都島区)
F6×2 水彩



白川沿いの夜桜-1
(京都市東山区・祇園)
F6×2 水彩




白川沿いの夜桜-2
(京都市東山区・祇園)
SM 水彩

 この日は天王寺の大阪市立美術館へ絵友達の作品を見に行く。大阪駅から環状線外回りに乗り、桜ノ宮駅にくると、眼下の大川両岸は満開の桜だ。思わず途中下車してスケッチすることに・・・・。この桜の時期、第二日曜写生会で一度来ているから土地勘はある。時間がないので駅からすぐの大川に架かる源八橋の上から満開の桜を満喫しながら描きました。
(2014.4.1)


 この日は天王寺の大阪市立美術館、阪神梅田店のギャラリー(4人展:寺田みのるさん他)、最後に京都寺町のギャラリーヤマシタ(寺田みのる「京滋教室展」)とギャラリーのはしごでした。その後、絵仲間と一緒に祇園の夜桜見物に行きました。白川通りの桜は満開、人も満開(^^;)でした。描きたくなって、お茶屋さんの床几を借りて薄暗いライトの下、苦労しながらなんとかスケッチすることができました。左の絵は現地で描きましたが、右の絵は帰宅した後、写真からです。
(2014.4.1)